君津中央病院はなぜ東京から近いのか

サンプル画像
君津中央病院は千葉県の『ど真ん中』、東京湾沿岸に立地しています。 普通なら、『東京から遠いじゃん!』って思うかもしれません。
 しかし、実は『東京からとても近い病院』です!その秘密をお教えしましょう。

上の写真をご覧ください。皆さんは『東京湾アクアライン』をご存知ですか?
千葉県と神奈川県を一直線に結ぶ、総延長15.1kmの高速道路です。
写真では海上を通っていますが、実は海の上に架かっている橋の部分はアクアライン全体のうち千葉県側の1/3で、神奈川県側にあたる2/3は海底トンネルです。
この東京湾アクアラインが、東京から当院が近い理由です。

病院の周辺には、東京湾アクアラインを走る高速バスのバス停が多く設置されています。
代表的なのが、当院の最寄駅であるJR内房線木更津駅の西口・東口、木更津金田バスターミナル、袖ケ浦バスターミナルです。
バス停付近に駐車場も多数設置されているので、当院に勤務している人は東京や横浜方面に出かける際は、たいてい電車よりも高速バスを使っています。
電車も高速バスも、木更津駅から東京駅まででだいたい1,500円弱なのですが、なぜ高速バスを選ぶのか?
その理由は3つあります。

①乗り換えがない
先ほど紹介した各バス停からは、乗り換えなしで東京駅まで行くことができます。
東京駅のほか、羽田空港、横浜駅、新宿駅などへも行くことが出来ます。
特に羽田空港は、バスに乗っておよそ30~40分程度で行くことが出来るので、よく旅行に行く方や千葉県外から就職された方の帰省にはもってこいです。
そういった意味では、東京だけではなく各地方からも近い病院と言えるかもしれません。

②座っていられる
高速バスは定員制で、必ず1人1席になります。
電車の場合、必ずしも座っていられるとは限らないので、こういった点も利点の1つです。

③移動時間が早い
木更津駅から東京駅まで、電車の場合だとおよそ1時間20分(特急等を除く)ですが、高速バスの場合だとおよそ1時間です。
羽田空港まで、電車の場合だとおよそ2時間(特急等を除く)ですが、高速バスの場合だとおよそ30~40分です。
ご覧のように、時間を短縮することもできます。

以上の理由から、君津中央病院は東京から近い病院と言えます。
毎年、春と夏に病院説明見学会&インターンシップを開催していますが、もし参加される際には県外から来られる方は高速バスをご利用いただき、その『近さ』を実感していただければと思います。